『Wings of Angel』 (天使の翼)
『Wings of Angel』 (天使の翼)では、安らぎと癒しを与えてくれる天使、妖精グッズを紹介しています。
あなたにエンジェルの祝福がありますように…。
『Wings of Angel』 (天使の翼)
Home はじめに 絵画の中の天使 絵画の中の妖精 ブログ リンク サイトマップ
 
天使グッズ
エンジェルオラクルカード
天使の食器
天使のネックレス
天使のリング
天使のアクセサリー
天使の絵
天使の小物入れ
天使の時計
天使の置物
天使のサニタリーグッズ
天使のインテリア
天使のガーデニンググッズ
天使のステーショナリー
天使のフォトフレーム
動物の天使たち
天使のキャンドル&ライト
天使のポーチ・バッグ
天使の本
その他の天使グッズ

妖精グッズ
妖精のインテリア
妖精の食器
妖精のアクセサリー
妖精の絵
妖精の小物入れ
妖精の置物
妖精のステーショナリー
妖精の時計
妖精のガーデニンググッズ
妖精のバッグ
妖精の本

絵画の中の天使
 
ウォルター・クレイン (Walter Crane)

1845年 - 1915年
イギリスの芸術家。デザイナー、挿絵画家、詩人、社会主義者としても活躍。

1845年、肖像画家のトーマス・クレインの次男としてイギリスのリヴァプールに生まれる。少年期からラファエル前派に傾倒し、芸術評論家ジョン・ラスキンの信望者であった。

13歳の時に、ロセッティのお気に入りでもあった著名な彫版師ウィリアム・ジェームズ・リントンに弟子入りし、ロセッティ、ミレー、テニエル等の作品を彫版し、腕を磨いた。

1865年、彫版師エドムンド・エヴァンズと共に、児童書「トイ・ブックス(わらべ唄)」シリーズの挿絵を手がけ、成功を収める。これは、子どものための挿絵本を大量に印刷して成功した最初の例であり、挿絵本の発展に大きな役割を果たす。

クレインはまた日本の浮世絵に影響を受け、太い輪郭線や平面塗りなどの技法を応用した挿絵本を数多く生み出した。

姉ルーシーが英訳したグリムの『家庭のメルヘン』(1882年)にも挿絵を描いているが、その中の「ガチョウ番の娘」は、後年ウィリアム・モリスによってタペストリーに仕上げられている。

クレインはウィリアム・モリスの影響から、無名の職人たちによる中世の手工芸を理想とした「アーツ・アンド・クラフツ」運動の中心人物となり活躍した。

ウォルター・クレインの描いた妖精
 
ウォルター・クレイン「The Roll of Fate」
「The Roll of Fate」
 
ウォルター・クレイン「My Soul is an Enchanted Boat...」
「My Soul is an Enchanted Boat...」
 
ウォルター・クレイン「Freedom」
「Freedom」
 
ウォルター・クレイン「The Bridge of Life」
「The Bridge of Life」
 
ウォルター・クレイン「Venus and Cupid 」
「Venus and Cupid 」
 
 
 
Copyright 2007-2011 天使の翼 Wings of Angel All Rights Reserved
top ▲